句集 遠花火

句集 遠花火(福光 生男)

Amazon Kindle 書籍情報

書名:句集 遠花火

著者:福光 生男

定価:290円(税込)
ページ数:38ページ
言語:日本語
発行日:2020年3月14日

各国販売ページ:JP 日本US アメリカUK イギリスDE ドイツFR フランスES スペインIT イタリアNL オランダBR ブラジルCA カナダMX メキシコAU オーストラリアIN インド

内容紹介

好奇のファインダーと浪漫のフィルターで日常を切り取り続ける福光生男句集。

「はしゃぐ声詰めてひそやか花火屑」

「一点を凝視す冬の金魚かな」

「でで虫のほふく前進平和なり」

など、1999年4月~2020年2月に『神戸新聞』文芸欄や『NHK俳句』等に掲載された146句を収録しております。

Amazonで試し読み

句集 遠花火(Fire)
タブレット表示
目次

第一部
 一九九九年四月~二〇〇九年四月

第二部
 二〇〇九年五月~二〇一二年四月

第三部
 二〇一二年五月~二〇一五年十二月

第四部
 二〇一六年一月~二〇二〇年二月

句集 遠花火(kindle)
Kindle表示

Amazonで試し読み

著者紹介

福光 生男

ブラジル出身、兵庫在住。

スポーツ全般が得意。特にグラウンド・ゴルフの腕前は地区大会優勝レベル。俳句、短歌、詩、童謡の著作多数。

ガーデニングと写真撮影が好き。

句集 遠花火(iPhone)
スマホ表示

Amazonで試し読み